つつみ内科・皮ふ形成クリニック|福岡県柳川市|美容皮膚科・美容外科 、皮膚科、形成外科、内科、消化器内科、物忘れ治療

有明沿岸道大和北から700m 土曜は14時30分まで受付 ★シミ・シワ・たるみ・ニキビ・脱毛・高濃度ビタミンC点滴・ガン補助療法・認知症診療★

20240706夏と海

ホームブログ ≫ 辰のように体を動かすリハビリの来年へ ≫

辰のように体を動かすリハビリの来年へ

20231224院長ブログ1
院長ブログも久しぶりになります。いろいろと作業は多くて、なかなかという状態でした。来年は辰年、いろんな意味で動く年になるのでしょうか?院長ブログの方には世情の事をいろいろと書いてますが、年末第一弾は、院内の事を書いてみます。世情については年末また書いていく予定です(予定は未定ですが)。一つ言えるのは、今や昔のように概念的なグループでの比較検討は徐々に意味の薄いものになりつつあるという事です。例えば自民党がどうだとか、医師会がどうだとか、官僚がどうだとか・・・・そのような従来の固定概念での比較検討ではなく、個々人の我良し精神の度合いにより、生きる層と呼んでよさそうなものが表面化している印象があり、それが非常に大切ではないかという事です。以前のブログでも書いてきましたように、自省含めた自分を観るというスタンス、その中で自分の世界を判断していくというスタンス。中途半端ですが、続きはまた今後となります。
ところで、当院でも来年は新たな動きを予定しています。ご高齢の方の多い地域ですが、リハビリを積極的にご提供していきたいという思いで、医院駐車場北側に、通所リハビリテーション・デイケアの施設を来年7月を目途にオープンする予定です。可能であれば、オープンまで、そしてそれ以降も使えるホームページを別途設けたいとは考えています。いろいろと施設を見学させていただき、各所に工夫を凝らしました。快適に過ごして頂ける時空間をイメージしました。デイケアは見守り型と積極的リハビリ型に分けられるかと思いますが、後者の方を目指したいと思います。名称も「やまとリハケアセンター」と命名しました。
コロナ禍の頃から、院内通信などで日照療法の有効性について啓蒙してきました。ステイホームではなく、適度に体を動かすことが様々な疾患の予防や治療に有効であることは、医学的にも明らかになってきています。認知症しかり、癌の予防治療しかり、循環器疾患しかり、メンタルしかりです。筋肉を一つの臓器と捉え、その重要性を名実ともに表現されてきたのは、京大の筋肉学者、森谷敏夫先生ですが、抗加齢医学会の動画をスタッフ、患者さん方とシェアさせていただきました。認知症診療も行い、特別養護老人ホームでの嘱託医もしていますが、日常生活動作の低下を契機に、急速に全身状態の悪化をきたし、取り返しのつかない例が非常に多いのが現実です。またグループホーム等では様々な理由により、積極的なリハビリが行えないようです。リハケアセンターを健康維持のペースメーカーとして利用していただければと思います。日照を取り入れたリハビリが出来るようハード面でも一工夫しています。いずれ内覧会も行う予定ですので、その際には足をお運びください。理学療法士の方や介護士の方は、今後ハローワーク等で募集を行っていく予定です。快適な時空間は、利用者の方だけではなくスタッフの方へも好影響と考えますので、現役の方々の様子を見学しつつ図面にも反映させました。また来年以降披露していきたいと思います。
20231224院長ブログ2
13日に地鎮祭を行いました。私は以前から「晴れ男」でして、出張の際も、雨が上がって傘が不要になることが多々あります。この週もこの日だけが秋日和と言う天気で適度な風に切麻散米の紙が気持ちよく舞っていました。祝福されている感じで非常に有難かったです。掲載の承諾は頂いていませんので、写真はこれで勘弁ください。一升瓶のお酒(奉献酒)は、ちょうど本数が足りたものですから、当院スタッフのお持ち帰りと相成りました。こちらの写真もあったのですが、一升瓶を取り合いしている飲兵衛のようで掲載は控えます(笑)。個人的には、リハビリを推奨している院長として恥ずかしくない程度の運動はしていかねばと思っていますが、デスクワークに偏りがちで、来年の抱負としたいと思います。
2023年12月24日 19:32