コロナの感染者が増えてどうだこうだとかマスコミは煽っていますが、皆さん茶番劇として見られてますでしょうか?以前からご紹介してます長尾先生もまたニコニコ動画で語られていますが、仕掛けたい側から言えば、5類へ変更しなかったのは、これを続けられるからと言っても過言ではないでしょう。

4回目のワクチン打つべき? 打たないべき?…自分で考えよう!(クリックで動画視聴!)

医師会もワクチンだのPCR検査だのコロナ病棟だの、今や腹の中が露呈しています。今や玉石混交の医療情報を各自が識別していく時期になっていると思います。ワクチンについても打てば打つほど、免疫力の低下で帯状疱疹やコロナ感染などウイルス性疾患に罹りやすくなっています。当然、癌の発症や進行との関連は言うまでもないことでしょう。1年以上前からブログで書いてきたことは全く修正を必要としないようで、それだけ茶番と分かっていれば予想できた数々という事です。理由は以前から書いてますが、恐れ故に人の握っている概念が変わり難いからです(貪り等もその一表現)。

コロナワクチン無間地獄…打っても打っても終わらへん!(クリックで動画視聴!)

前回ブログで、参政党の神谷さんの動画を出しましたが、なんとか国政政党になられたようですね。今回のコロナ茶番やワクチンの真実についてその部分に切り込んで行った党は非常に少なかったと思います。自民党、そして医師会からは絶対に出せない内容ですし。国益を考えると、この内容に蓋をして他の内容を雄弁に語っても、屁理屈にしか映りません。当院ではワクチン接種は行ってませんし、スタッフも強制ではないのですがほぼ打ってません。ご縁のある方へはやんわりとお話はしますが、最後は自分で決めて頂くしかありません。もしブログをご覧の方でお悩みの方は、かかりつけ等の主治医の先生に、「先生は何回ワクチンは打たれましたか?」とお聞きになられたらいかがでしょうか?その先生を心底信じられているのであれば、それも一つの判断材料かと思います。今からコロナやワクチン関連のお勉強をしたいという方には、ニコニコ動画の「長尾チャンネル」「長尾和宏コロナチャンネル」(すでに「長尾チャンネル」に移行してます)、崎谷博征先生のアメブロ「ドクターヒロのリアル・サイエンス」、ニコニコ動画の大阪市立大学名誉教授 井上正康先生の語られる動画などはいかがでしょうか。私のブログを1年くらい前から見て頂くだけでも、流れが変わっていないことがお分かりになられると思います。当院でも発熱外来は登録上は行っていますので、出来る範囲で対応したいとは考えていますが、コロナの抗原検査にしても、5類へ変更されていませんので、陽性であった場合は、その結果がまたマスコミの餌食になり、扇動に加担する結果になります。ですので、若い方なら手持ちのイベルメクチンと解熱剤で様子みるのも一法です。コロナ感染症で当院での対応を望まれる場合は、残がある限りイベルメクチンで対応させていただきたいと思いますし、長尾先生も動画で言われているような対応をさせて頂きたいと思います。承認されていても現場感の薄そうな薬剤は使う予定はありません。数少ない当院での対応でもイベルメクチンは非常によく効きます。以前も書きましたが、是非一家に一箱イベルメクチン常備をお勧めします。しかし無症状の方に無料PCR検査を景品付きなどで行うのは邪道中の邪道。マネー主義の象徴でしょう。またコロナに罹って皮膚症状で困っている場合は、当院駐車場で皮膚疾患の対応(電話でご予約を、診療時間外は対応不可)もさせていただきます。知人等がお困りの場合は教えてあげてください。一般の皮膚科では対応が難しい場合も多いかと思いますので、お困りの場合はご相談ください。マルチにやっている当院ならではを活かせればと思います。

思考能力は生活習慣から〜リアルサイエンスシリーズ 

肺炎は死に直結する病である〜リアルサイエンスシリーズ

私のワクチンシェディング肺炎へのご質問〜リアルサイエンスシリーズ

親・家族の役割を見直そう〜俯瞰シリーズ(父性の話題については機会があれば書きたいと思います)(以上、崎谷博征先生)

帯状疱疹等で来院される患者さんに、ワクチン事情の話をすると皆さん驚かれます。TVしか見られない方には当然だと思います。若い方でYoutubeをよく見る方でも、自分の関心のある領域しか見てなかったり、ワクチン関連動画が削除されていたり、はたまた動画の比較検討から自分なりの見解を見出す習慣がついていない等、目覚めへの障壁はそれなりにあるようです。TVが情報操作している事実を受け入れるだけでも人によっては数か月の時間を要するのかもしれません。以前ブログで馬渕大使の動画を紹介した中で「物事、善悪二元論で語るなかれ」という内容がありましたが、判断している自分自身の身魂磨き、つまり自省が伴わなければ中道に居ることが難しく、情報に右往左往揺さぶられることになります。

前回ブログで、禅の巨匠の予告を書きましたが、できるだけ早めに書きたいとは思いますが、巨匠すぎて失礼にならないようにと(笑)。なぜ今この巨匠かと言いますと、明治から昭和にかけてのこの巨匠(老師)の元職業はお医者さんだからです。そして今のコロナ禍を見ていて、見習うべき部分が多いと感じるからです。禅とはイデオロギーや信仰ではなく、修行(苦行ではなく自己を観るという)であり実体験です。今のコロナ禍もロシアとウクライナの戦争にしても我良し精神維持のイデオロギーと言っていい状況でしょうから、イデオロギーを越えた視点からしか是正の道は無いような気がします。

ところで当院の診療事情も少しは書いておかないとと思います。お知らせ欄にも書きましたが、お盆以降IPLキャンペーンを行います。一般にはフォトフェイシャルとか言われる光治療です。当院でもニキビ痕の方によくご利用いただいています。赤み・凹凸・毛穴の改善を目指します。セレックVという機種ですが、フィルターが豊富ですので、メラニンやヘモグロビンなどのターゲット別、さらに皮膚の深度に合わせて2種類くらいのフィルターを選択して治療していきます。当院の看護師皆さん、脱毛レーザーも顔面のレーザートーニングも非常に上達されました。「レーザー理論も知って実地トレーニングもして、効果を実感して患者様にご提供していく、心身ともに美しい人になるお手伝い」当院理念に沿って一歩一歩です。シミについてもヤグレーザーとQスイッチルビーレーザーで肝斑の方も含めほぼカバーできる体制です。肝斑は機能的なシミと言われメラニンの理論だけでは語れない部分もあります。ヤグレーザーのトーニングは賛否両論ありますが、メラニンにあまり強く反応せずに真皮浅層を補正していくと言う意味では肝斑レーザーのファーストチョイスと思います。その後に積極的にメラニンを叩く治療もあり、さらに真皮層を強化する治療もありという具合です。秋以降は、シミの新たな機種も導入予定です。ダウンタイムの少ない治療から徹底したシミのスポット治療まで患者様のご要望にお応えできると考えています。安定感のある機種をしっかり使いこなす事がやはり大切かと感じています。

たるみ治療のベレーザプロはお試しの方からご利用頂いています。ベビーハイフというだけあって痛みはなく、エステ感覚で受けて頂けます。ハイフはムービング式で左右片方5分、常に動かしながらの照射となります。フェイスラインがすっきりし、頬のトップが引きあがる感じになります。先日もお試し後の3回コース初回、つまり2回目の患者さんでしたが、2回目の施術まで2週間くらいでしたので、初回よりより効果が出た感じでした。私のおススメは、初回お試しから2週後くらいに2回目を受けて頂き、その後は1か月おきにというパターンです。その後は、ある程度たるみが目立った頃にまた3回セットでサッと引き上げる。そんな使い方がいいのではないでしょうか。お若い方へも、早め早めのたるみ治療、ベレーザプロがおススメです。先日ある業者の方が、固定式のハイフでも施術手技で効果が違うと言われていました。ムービング式ならなおさらそうだと思います。美容看護師りさりささんの手技は永久保存版です。

今度は内科的な話に移ります。当院は認知症グループホームの協力医もしています。生き様の違う方々が入所され、仲良く生活して頂くには、介護の根性論だけでは不可能です。社会的な面からも薬物療法による介入が欠かせません。私が認知症に関わったのは2010年頃だったかと思いますが、当時佐賀県で雇われ院長をしていました。時間がある時はネットでいろいろな情報を探っていたのですが、ある時認知症の薬物療法を公開されている河野先生のブログに出会いました。そこには認知症のビフォーアフターが写真付きで掲載されており、認知症の素人だった私は、その画像に釘付けになりました。こんな良い治療なら佐賀にも実践医がおられるはずと思いましたが、一人も見当たらず、ならば自分がまず実践医になろうと思い、患者さんを診察しつつ河野先生にメール相談をしながら認知症修行が始まった次第です。つい先日お亡くなりになったのですが、その患者さんはいつもご家族と佐賀から当院まで足を運ばれていた方です。そのご家族とのお付き合いは開業前からで、10年になります。ご家族がご挨拶に来られましたが、お互い一滴の涙が流れ落ちます。10年という時間の流れをともに感じた瞬間です。患者さんの診察時の様子は毎回「穏やか」で、それなりにお手伝いが出来たのではないかと思います。私が河野先生のコウノメソッドを知らなかったとしたら、ご高齢の方への処方は今のようには出来なかったでしょう。このメソッドを通じて私が感じたのは、使い方次第で効果を発揮する薬剤が戦後昭和の薬剤の中に眠っているという事です(温故知新)。これは昨今の海外のコロナ治療薬とは真逆です(ジェネリックへ誘導する一方、海外の高い新薬は承認するという国力の点からは矛盾した厚労省の動き)。グループホームで穏やかになって頂くために使う抗精神薬の中にはクロルプロマジンというのもあり1964年の薬です。薬より薬の袋代が高いと言われるくらいです(笑)。この薬剤に再び光が当たり出したのは河野先生がコウノメソッドでアピールされた事もあるかと思います。何かに似てませんか・・・。そうイベルメクチンです(笑)。薬が人に使われるものである以上、現場感を抜きには語れません。冒頭で”玉石混交”というワードを出しましたが、今やこんな感じです。また話がズレそうです。8月号の院内通信にも書きましたが、認知症のキーワードは「穏やか」です(トップの涅槃像ほど穏やかでなくとも問題はないのですが・・・)。コウノメソッドでは患者さんが穏やかになり、介護者が楽になって活き活き生きるというのがモットーです。要は、助けつつも自らは自分らしく生きる、そこに薬物療法が一翼を担うという事です。施設の看護師さんも少しずつ薬物療法の妙に習熟されてきました。眼を含む顔の表情、歩行含めた言動等の把握は認知症を診る医師に必須で、ここでスルーできたら基本穏やかな方と言っても過言ではありません。逆に表現すると、「穏やか」さにアラーム警報が鳴らないよう薬物を調整するのがコウノメソッドとも言えます。サプリメント等も扱うのですが、保険適応の投薬ついても学ぶべき部分の多いメソッドです。現在はクローズの勉強会になっています。今後もこのメソッドの効能を活かしつつ老人医療に向き合っていきたいと思います。

長くなり、とりとめのない文章になってきました。お盆前後にはまたブログを書いて、巨匠の老師をご紹介したいと思います。その際のブログはメンタル特集にしようかと思っています。最後に皆様、「コロナは過剰に心配し過ぎず、ワクチンはすぐに飛びつかず」です。飛んで火に入る夏の虫の虫になられませんように、くれぐれもお気をつけください。