なかなかブログを書き続けるのも難しいものです。気づいたら1か月以上前回から経ってます。昨年から看護師さん3人体制で、美容の数々をマスターしてもらっています。脱毛一つとっても、レーザー理論の基礎をある程度は理解してもらわないといけませんし、実地でのトレーニングも欠かせません。そしてレーザー理論は、IPL(フォトフェイシャル)やトーニングなどのシミや赤みの治療にも繋がります。当院の脱毛レーザーはアレキサンドライトとヤグという2つの波長が出せますので、状況に応じて使い分けます。元々ヤグ・アレキともに美肌治療に使われるレーザーですので、肌質改善も期待できます。3月には脱毛キャンペーンを考えていますので、この機会にお試しください。カウンセリング料も半額となります。VIOもゼリーを塗らずに施術できますのでご相談ください。先月は美白施術トーニングの研修を行ってもらいました。

その際には、都会の美容クリニックの条件設定等いろいろとアドバイス頂きましたので、参考にさせていただき、患者様方に、より美白効果が出るよう精進したいと思います。看護師さんのスキルアップに伴い、こちらの機器トライビームの料金設定も改定し、受けて頂きやすい料金にしました。今後「料金表」の方に掲載予定ですが、ホームページの更新がまだ出来ておりません。肝斑などに効果的なトーニングにつきましては、1回料金がIPLセレックVよりもお安くなっております。院内には詳細なパンフレットもご用意していますので、ご来院の際には、お手に取ってご覧ください。

当院の美白レーザーはPTPトーニングというもので、PTPモードの付いていない機器より痛みが少なくなっています。効果の出やすいエネルギーまで看護師さんが患者さんとお話をしながら上げていきます。赤みや小じわなど美肌も希望される場合は、レジュビネーションという施術と同時に施術する事も可能で、実際に数名の方に受けて頂いています。さらにレーザー施術後にヒーライト照射を受けられ、もちもちになった肌のまま施術終了というのが院長おススメです。

先週末は、点滴療法研究会主催の、3大点滴療法の最新セミナーを受講してきました。当院では以前から行っていますが、ちょっとブラッシュアップし、コロナ含めた感染症対応としての点滴療法や栄養療法の位置づけ(その内容も含まれていました)を確認するために東京に行ってきました。高濃度ビタミンC点滴療法が3大点滴療法(グルタチオン点滴やマイヤーズカクテル点滴の3つ)の中では有名です。これらの点滴療法は、ビタミン等を体に入れるので栄養療法と捉えがちなのですが、実は高濃度でしっかり体に入れることで薬理学的効果を狙うものです。ビタミンCを筆頭にすでに特許が切れていて大手の製薬会社などは利益が出ないため見向きもしない領域なので開業医を中心とした末端の医師が取り組んでいます。しかし最近では抗癌効果含めた臨床研究が国を挙げて進んでいる(日本以外です)ようです。日本では混合診療が禁じられており、大がかりな癌治療をする大病院ではこれらの治療を受けることはできません。しかしながら経験的に様々な癌や疾患に効果があるのは知られています。私自身も開業前に雇われ院長をしていた時(すでに12年以上前です)、身内が全身転移の癌と診断され、米国から高濃度ビタミンCを取り寄せ、リオルダンプロトコールという現在も使われている基準に沿って治療を施した経緯があります。今でもその方はご健在です。ホープフォーキャンサークリニックの癌を治癒させる7大原則をセミナーでお話されていましたが、項目を見るとなるほどと納得します。以下にご紹介します。

https://isom-japan.org/article/article_page?uid=0rhly1597922387

コロナ禍の話で、これまでにも崎谷医師の話題を書きましたが、崎谷先生は細胞のエネルギー代謝を回すことがベースと言われていますが、その観点からも上記はほとんど一致します。酸素については供給というより二酸化炭素を作り出し酸素を取り入れるという細胞の好気性代謝がしっかり回るようにするという事だと思います。過換気を伴うハードな運動が体に良くないのと対照的にヨガ等がおススメと言われる根拠です。それもあり、最近の院内通信では毎回ヨガのポーズをご紹介しています。ご来院の際にはご覧ください。

エイジングケアとしても活用できるこの点滴療法ですが、4月からはアンチエイジング点滴としてメニューを増やす予定です。マルチビタミンをメインにしてビタミンCはある程度で良い、高濃度ビタミンCが希望だが白玉(グルタチオン)も少し加えたい、それぞれを欲張ってある程度体に入れたい等、それぞれの患者さんに応じて対応できるメニューになる予定です。変更したい場合などは診察の際にご相談ください。高濃度ビタミンCについても、原価が上がらない限り現在の料金を維持する予定です。ビタミンCは副腎・脳・白血球など体に最重要な臓器が必要としています。リンパ腫等に高濃度ビタミンC点滴が著効している例は多いようです。数年前にセミナーを受講した際に胃癌の全身転移(大学病院でお手上げ状態)から復活した患者さんは現在も元気に柳澤先生の所に通院されているようで、これを知らずには死ねないという治療だと思います。ビタミンC含めた栄養・点滴療法のお話を待合室セミナーの形で行うかもしれません。

<クリックすると動画が視聴できます>

ワクチン打ってコロナを発症したとしか思えない人が増えている!

そしていつものコロナ禍の話です。いろいろ書くとまた内容の重複になりますが、茶番の一言です(薬局での無料PCR検査開始が扇動の発端になるのはすでにわかっていました)。大元は中央の政治家と官僚とマスコミです。先日医師会の会合に出ましたが、医師会でも上からのお達しは「皆様、オミクロンが流行っていますので、3回目のワクチン接種にご協力ください」との事。お役所と同じです。茶番を分かっていながら接種に協力する先生やお花畑思考でなんとなく協力する先生、いろいろでしょう。私は言わずもがなです。1回目接種の頃から茶番と考えていましたので、当初はニコニコ動画で発信(当時はYoutubeでしたが情報統制でYoutubeから鞍替えです)している長尾先生とも考えが違うと思っていましたが、ワクチン後遺症の方々が増えている現状を認識され、3回目以降は長尾先生も「反ワクチン」の一択です。今後医師の中でも目覚めた方々で組織的動きが必要とも訴えられています。これまでにも気づきのヒントとなる内容をブログに少し書かせてもらいましたが、今回も少しだけ書きます。コロナ禍で人と人が考え方の違いで対立構造が見える場面が出てきましたが、これはもっと深く観ていくと、各個人の中の「我良し精神」とそれを自覚して「自らを磨く・洗濯する」という内面葛藤の結果の集合に過ぎないと私には思えます。世界やそれぞれの国で今起こっている現象がそれではないでしょうか。例えば、我が子が罪を負ったにも関わらず、償いそっちのけで親が我が子の事だけ考え動く時の「我良し精神」。政治家選ぶ際の、自らの利害の勘定だけで選ぶ「我良し精神」。コロナ禍には医療を取り巻く各職種が関わっていますが、利益優先で人道的な面を二義的にする「我良し精神」。たとえ公的なお墨付きをもらって安心していても、この「我良し精神」は自我を強固にする元凶で、お墨付きをもらえばもらうほど意識の下に潜り込みます。本人が自省し変化する機会も失われ、時間が経つと場や環境が変化している事に気づくことになります。近隣で経緯が参考になる国もありますね。タイムリーなお話を長尾先生の動画で見ることができます。昨日の友は、コロナ禍対応で真逆。

<クリックすると動画が視聴できます>

コロナ戦犯たちは僕の存在を無視し続ける。ではどうすれば?

院長は禅にも親しんでいますが、禅の言葉で皆さんにもご紹介したい言葉があります。

上求菩提・下化衆生(じょうきゅうぼだいげけしゅじょう)

です。ネットで検索すると「自らは成仏を希求して向上しつつ、翻って広く衆生教化して仏道に導くこと」とあります。仏教用語の1つのようです。この言葉のポイントは、「上下どちらも」という事かと思います。ある専門領域に没頭するあまり下化衆生を疎かにする事もあるかもしれません。給料を稼いで家庭を養っているからと上求菩提が欠けているかもしれません。我良し精神を消し去った前回ブログの良寛さんのような方ならまだしも、一般人は常に自省し、上求菩提の精神を忘れてはならないのではと思います。そしてそこから経験し学んだものは下化衆生で施す。女性でお悟りになった井上大智という方は言われます。「実は下化衆生のために、上求菩提でなくてはならんのであります。」と。人と人という横だけの関係からだけでは見えてこない部分かもしれません。自らを自覚しつつ希求する縦も欠かせない気がします。

追記)今回の点滴療法セミナーの際に、当院でも扱っていますリポC3gを会場で頂き、効果を体感できるか試してみました。羽田から福岡までの復路の機内でも疲れて寝たいという感じがなく、翌日は早起きしようと思ったわけでもないのに、職場に30分も早く着いている状態でした。これは凄いと自ら納得。ビタミンCを体感できる量として設定された3gですが、大元のSPICでも半数以上の方が体感できていたようです。内服で体感できるビタミンってそうそうありません。3gで体感できれば、日々1gでも摂取しているのがどれだけ体に良いかが実感できます。巷のビタミンC製剤ではクリヤできないと思います。もうサプリメントではなく治療薬レベルと考えてよいビタミンCです。今後当院でも治療としての視点から複数購入の方含め、よりお求めやすい価格にする予定です。さらに日々通院頂いている方を中心にビタC体感フェアを行います。