コロナのワクチン、みなさんはどうされますか?

患者さんにもよく問われます。「私は勧めません」が要点ですが、最後は個人の裁量となります。物事を判断するには、サイエンス的側面とアート的側面の両方をおさえておく方がよいと私は考えています。ちなみに、TVなどが流すマスコミは、どちらにも属していません。なぜなら情報を中立的に流していないからですし、マスコミの栄養は資金でしかないからです。Youtubeなどよく観ている人なら、NHK含めその辺はよくおわかりになると思います。

前々回ご紹介した崎谷先生の本は、サイエンスとアートという表現をすれば、サイエンスの面がしっかり書かれています。読んでいて面白いのは、一般の医学文献などもフェイクサイエンスが非常に多く、文献の中でもリアルサイエンスとフェイクをしっかり区別する必要性を説いている事です。また彼は炎症や免疫・癌という分野を細胞のエネルギー代謝という面から統合的に説いている点が非常に秀逸です。エネルギー代謝が改善せずして他の改善はないという要旨。機能も構造も、この代謝の状態によって大きく変化してしまうという事。人体がそういう側面から捉えられるというのは目から鱗です。ただあくまでロジックの面からだけですので、事実がどうかというのは、個々の医療現場でのアートに委ねられます。サイエンス的には問題点が多いとしても、現場で患者さんの状態改善が如実なら、そこにはまだサイエンスとして光が当たっていない部分があるはずですので、その事実を捉えて、軌道修正していくことが大切です。サイエンスとアート、両輪だと思います。

以前にも書いたかもしれませんが、今回のコロナ禍、これは健康がテーマで医療的側面がメインと思われるかもしれませんが、政治そしてお金の流れの経済、さらには世界の権力構造がどうなっているか、そのへんの理解をした上で、個々人が内容を吟味していかなければ、末端のワクチンだけ見てもよくわからないのではと思います。

相変わらず、PCR検査でコロナの感染者を数え続けるマスコミのフェイク。ご存じの方もおられるでしょうが、このPCR検査を開発したキャリーマリス博士はこのPCRを感染症の検査に使ってはならないと述べていて、このコロナ禍が始まる前に、亡くなられています(不審死?)。最近ではウイルス学の権威である徳島大学名誉教授の大橋眞先生もそれと同じ著書まで書かれています。

そして肝のPCR検査の増幅回数の話は全く提示されていません。増幅回数が上がれば上がるほど感染性とは逆相関する事が認められています。以前ご紹介した崎谷氏の著書を読むと、増幅回数が34回以上でやっと陽性と出たものについては感染性はゼロであると論文で報告されているというのです。極論すれば、陽性者を増やすために40回など増幅回数を上げれば、感染者ではない方がどんどん陽性になっていくという事です。だから臨床症状もない方が不安からPCR検査だけを受けるのは全くのナンセンスだという結論になります。おまけに、PCR検査を統括している検査会社が増幅回数含めた検査環境を提示することはありません。肝心の感染症の本質はどこいったやらという感じ。利だけを優先すると、世界が茶番だらけになってきます。ごとう整形外科の後藤均先生も発信されているようです。

https://karyukai.jp/column/3938

https://karyukai.jp/column/3954 (ダウンロードの形で、動画が見れるようです)

しかし経済を中心としたその流れは、世界構造と言う面から視点を当てないと見えてきませんので、本質を理解しようと思うと、戦前の日本くらいまでは少なくとも遡ることになります(最低限という意味では)。

コロナ禍になって私もいろいろとYoutubeなど見ていましたが、この構造を非常にわかりやすく述べているのは、林千勝先生だと思いました。非常に全体的視点に長けている感じがします。動画は長いですが、下記にあげます2本を見ていただければ、日本というのがどういう状況かがおわかりになると思います。彼は一次資料から書籍も書かれていますので、内容に信憑性があります。戦前の軍部が米国と戦争をしないように努力していたにも関わらず、それを破綻させたのが当時の近衛内閣だったという衝撃的な内容まであります。民衆が食うのにも困り身内を戦場に送り出さなければならなかった一方で、同じ日本人でありながら自己中心的なトップが存在していた事実をはっきりと述べています。お花畑思考ではなかなか理解に苦しむ部分ですが、今もって似たような社会構造が続ている事に目を向ける必要があるかもしれません。

戦争を語るブログではないですので、これ以上は控えますが、一度は見る価値のある動画です。生活はしていかねばなりせんが、お金中心で我よしという精神では、林千勝さんが語る構図はより固まるだけになります。自然と巻き込まれていくと表現した方が正しいかもしれませんが。

だいぶ遠くまで話が飛びましたが、世界構図の視点からコロナ禍そしてワクチンも見ないと危ういという盲点。人体への悪影響のため米国で使えなくなった農薬を、今度は日本で売れば無駄にならずに儲かるではないかという日本精神からは浮かびもしないような米国企業の発想。実際日本の野菜は食べてはならないとまで言われていると聞きます。これって人々の喜びより自分の欲優先の最たるものかと思います。生活はしていかねばなりませんが、精神が廃れると、このような「我よし精神」がまかり通る時勢になってきます。

TVなどのマスコミは一方的な内容しか流しませんので、別の視点を知った上で、個々人が洞察し、その延長上に、昨今のコロナ禍も起こっているかもしれないという観方は必要だと思います。米国の大統領選挙でアメリカ国民は目覚めたようです。日本国民も目覚めていく人が増えれば増えるほど、日本らしい日本になるのではと思います。雄弁に語る政治家は多いようですが、腹が坐って動く政治家、何処でしょう?政府が専門家会議とやらを招集しても、全体を把握し、民衆のために動く組織でない限りは、その専門家とやらも政府の言いなりになる結果に終わります(昨年5月にアビガンを承認するや否やという時に専門家の結論として潰されました)。なぜなら林さんが言われる構図に全く変化を及ぼさないからです。個々人の目覚め、自覚そんなのが大切な昨今かと思います。ちなみに、アビガンを開発した白木教授は、最近の変異株対策を「識者の眼」として発信されています。

https://www.jmedj.co.jp/journal/paper/detail.php?id=17158

今日のブログはワクチンの話から世界構図まで飛びに飛びましたが、たまにはこういう内容もお許しください。各人の意見はいろいろあっていいと思います。ただ知る機会だけは縁ある人には伝えたいと思い書きました。

診療については、新人スタッフも入りましたので、少しずつまたみんなで作り上げる体制を整えています。今後また書いていきたいと思います。「心身ともに、美しい人になるお手伝い」当院のモットーです。