巷でフォトフェイシャルやIPLなど光治療はいろいろ言われてますが、当院でも開始しました。機種はセレックVです。これは世界で数年前ですら3000台も売れているもので安定性は抜群です。さらに最新機種では、赤みなどの血管系に強いフィルターが3種類も追加されています。細かな話は省きますが、今度追加されたフィルターの中にニキビ系に非常に有効なものがあります。

当院はレーザーから投入しましたので、その上での光治療導入となったのですが、正直スポットのシミの除去能力という点ではレーザーに軍配が上がります。ただ、カットバンをしたくない・徐々に薄くなればよい等の方にはこのIPL(光治療)はぴったりではないでしょうか。

さらにニキビ痕の赤み・毛穴拡張などの場合は、レーザーによる治療もご用意していますが、レーザーよりも価格帯でお安い上、さらにニキビ系に強いフィルターを使用することでレーザーに匹敵する効果も上げることができるかもしれないと読んでいます。ご存じの方もおられるでしょうが、光治療はレーザーと違って波長が単一ではなく波長域の幅があるため、使い方によってはバランスよく肌の状態を改善させることができます。

まだちゃんとしたホームページも作成していませんし、お知らせ欄も作っていませんが、当院の美容メニューの一つとして適応のある患者さん方へはご説明させていただきます。初回限定価格もご用意しました。

初回のみ9,800円にてご提供させていただきます。3回セット39,000円、5回セット60,000円となります。セレックV導入キャンペーンとしまして、12月末までにコースご契約の方に当院でご好評をいただいていますヒーライト施術を3回セットは1回のみ、5回セットは2回までお付けします。

さらに、キャンペーンとは関係なく、セレック施術全ての方に、ビタミンC・Eパックを施術後にお付けします。ヒーライト施術は、各種施術の最後に行い真皮層を活性化します。

本日は、PRPF施術後2週目の方の診察でした。当初はマリオネットラインや顎の小じわなどを気にされていましたが、ブログでも書きましたように、中顔面が実はしっかり加齢性変化を起こしていますので、下まぶたから法令線までの中顔面を立て直すことで若返り効果をしっかり打ち出すことができます。基本PRPFは皮下への注入となりますので、表皮から真皮浅層の問題である小じわなどへは機器治療を併用した方がよい場合もあります。ただこれも下まぶたの皮膚と他の部位の皮膚では真皮の厚みも違いますので、一概には言えません。このへんがマニアックな内容と言えばそうなのかもしれませんが。

今回も非常に満足されていました。しわ・たるみは大幅に改善しています。表層の小じわが若干残っていましたが、同じ小じわでも施術前とはやはり程度が違います。もちろん改善しています。あとはそれなりの期間を置いて、フラクショナルレーザーなどを行うとすっきりするかと言った感じでした。写真が掲載できないので、文字だけでわかりにくいでしょうが、申し訳ありません。

11月になりましたら、当院もクリスマスバージョンに変身しようと思っています。外観は同じですが、待合室の雰囲気をそうしたいと思っています。もちろんクリスマスソングとともに・・・・。コスメや美容情報をもっとスムーズにご覧いただけるような変更も考えています。