本日はケアマネさんの勉強会で認知症セミナーを行いました。開業当初から「無料の認知症セミナー開催」と告知こそしてはいましたが、このような形で出張で開催するのはお初になります。当院でフォローしている患者さんがご縁となって、実現することになりました。

当院で行っているコウノメソッド的立場から、認知症を俯瞰するセミナーとしました。コアな部分というのは、認知症はどこへ向かうべきかという視点。そして介護と薬物療法という両輪の話。それほど薬物療法が重要であるという認識。さらに認知症患者さんに接するあらゆる職種がそれらの知識経験を共有する事の大切さです。処方箋は医師しか書けませんが、だからといって薬について医者任せでは患者さんや家族が路頭に迷うことにもなりかねません。以前から書いてますが、認知症は早めに気づいて、できるだけ外来でフォローすべきです。そのためには日ごろから介護者と認知症患者さんの関係が穏やかな関係でなければなりません。薬物療法は物忘れの進行を遅らせるという意味もありますが、この穏やかな関係を維持し、人間らしく生きていくという部分に根を下ろしたものでなければなりません。もちろん100%ではありませんが、ここまでくらいは何とかなるという識別ができるためには、各職種が知識や経験を患者さんを通して高めていかねばなりません。そのためのベースを本日はお伝えしました。

セミナー後の感想などお聞きしましたが、認知症への新たな視点を持たれた感じを受けましたので、双方ともに良いセミナーだったと思います。このようなご縁を元に、様々な場面で患者さんたちとの新たな関わり方が生まれれば幸いです。ブログをご覧の方々で「うちの施設でもセミナーを聞きたい」「数人でもっと認知症について学びたい」などご希望の方は、当院までご連絡ください。院長のスケジュールに合わせて開催させていただきます。今回は柳川市中心のケアマネさんたちでしたが、ある程度車で動ける範囲であれば、プロジェクター持参で伺いますので、お気軽にご相談ください。本日もお話させていただきましたが、このような学びを通して、それぞれの職種一人ひとりが力量をつけていくことで、堂々と自分以外の職種へ意見を提示することができるようになりますし、その地域の認知症フォローのレベルも上がっていきます。学生の講義のように1回聞いて試験に通って終わりってものではありません。日々目の前の患者さんに現れる事実に向き合いながら、薬物療法含めた認知症的知識を培っていただかねばなりません。そのための手段として、コウノメソッドは学びやすく非常に体系だっていますので、医師だけでなく認知症に関わるあらゆる職種が取り組みやすく、すぐに患者さんに応用することも可能です。私としましてもコウノメソッド治療の経験が生まれ育った柳川の地を中心に活かせれば嬉しい限りです。

今日は「4大認知症を理解する」と題して、アルツハイマー型認知症、ピック病(前頭側頭型認知症)、レビー小体型認知症、脳血管性認知症などの捉え方を中心にお話しました。また機会があればお話しさせていただきたいと思います。

ところで、以前から栄養学の話を書いてますが、今日は院長の時短料理ということでポテトサラダを作りまして、当院スタッフへ振る舞いました。男の時短料理ということですが、やや塩っけが足りなかったかもしれませんが、スタッフからは「おいしい~」と有難いお言葉。当院のスタッフ室に置いてますホットクックが活躍してます。めっきりコンビニで口に入れる食材を買う頻度が減ってしまいました。栄養学を学べば、これは自然の成り行きのようです。だんだん人工度の高い食材が恐ろしくなってきました。当院では介入が望ましいと判断した場合は、食材の話から患者さん方にさせていただいています。買う側がしっかり食材を選ぶことで、売る側の状況を変えていくべき時代だと感じています。