あまり積極的に書くような私ではありませんが、今回は自分でも嬉しい症例がありましたので、提示させていただきます。先週AKA-博田法を学びに研修に行った話題を書きました。まさにそれを待っていたかのような患者さんが翌日来院されました。以下症例を提示します。

80歳ご高齢の女性の患者さんでした。2年前より右下肢のしびれが出たため、整骨院などで治療しておられましたが、改善ないため1年前に近くの整形外科を受診し、内服や湿布などでフォローされていたとのこと。今年に入り脊椎のMRI検査で脊柱管狭窄と言われたようです。当初は臀部のみの痛みだけだったようですが、徐々に右下肢全体のしびれに拡大。知人が当院の患者さんであったことから当院を受診されました。当院ではトリガーポイント注射を積極的に行っていますが、経過や診察から仙腸関節障害が疑われたため、さっそく仙腸関節にAKA治療を施しました。仙腸関節には離開とすべりという2つの施術を行いました。施術自体はまだ未熟で、仙腸関節の固さや動きの程度などを把握することは難しいのですが、施術は教え通りにできるだけ行うようにしました。そして慢性の場合は特に、次の施術までは2週間あけることが原則ですので、患者さんにはそのように説明し帰宅されました。その3日後にまた患者さんが来院されました。「先生、あのストレッチをまたしてください。よく効いたので。」と受診。しびれや痛みが軽くなり、熟睡できるようになったとのこと。どこかで神様が見てもいるかのように研修あけに適切な患者さんが来院されることになった結末でした。3日後の診察では、「この施術は次まで2週間あけるのが原則ですので、次回また施術してみましょう」と説明し、帰宅していただきました。

たかが一症例ではありますが、研修翌日ということや、患者さんから有難いお言葉を頂戴したことなどから、今後地道にこの施術も修練しなければいけないなあという思いを強くしました。この施術の良い部分は、注射も道具も要らないところです。例えて言うと、通常の医療行為が剣術みたいなものなら、こちらは空手といった感じです。当院の診察室には、仙腸関節を侮らない意味でも、骨盤モデルを用意しました。ちょっとした心意気です。すでに、この施術のテキストと言える片田先生のご著書は購入していましたが、研修を受けるまでは一連の動作が全くちんぷんかんぷんでした。しかし体験とは恐ろしいもので、一度研修を受けると、文字が生き返ったかのようにすっと入ってきます。今後も機会を見つけては研修していく所存ですが、骨盤モデルとテキストも座右に置きたいと思います。