「飲むビタミンC点滴」と評判の「 Lypo-C ビタミンC」(日本発)の取り扱いを行っていますが、この度価格の改定を行いました。巷には様々なビタミンCサプリメントが氾濫していますが、その吸収率も不確定で、その構成成分や製造過程などリスクを伴う面があります。今回院長が点滴療法研究会セミナーでリポC3g服用前後の体感の違いを実感し、効果のしっかりしたビタミンCを体内で充足させる必要性を強く感じました。当院に高濃度ビタミンC点滴にご来院できない方々(癌の標準治療を大病院で行っておられる等)のがん対策、その他アレルギーやコロナ含めた感染症対策としての服用など治療的な面で患者様方に確実にお勧めできるビタミンCはこのリポCであると考えています。細粒の場合は大量に服用することが難しいでしょうが、このリポCであれば、たとえ10gでもコップに入れてサッと服用することができます。現段階では、世界最高のビタミンCサプリメント、もはや治療薬と言えるレベル、体感でこれを確信しました。美容や健康維持目的で高濃度ビタミンC点滴を適宜行いつつ、通常はこのリポCを内服していく等のスタイルもお勧めです。

リポソーム化したビタミンCは海外製品がすでに市販されていますが、このLypo-CビタミンCはそれよりもさらに高い血中濃度と持続時間が期待でき、10g服用では高濃度ビタミンC点滴8gに相当すると言われています。リポソーム化した粒子は従来以上に、100nmで均一化されているため、非常に吸収率が高く、ビタミンCの高い血中濃度を達成することが可能となっています。そのため同じリポソーム化したビタミンCでも海外製品とは大きな違いがあります。高濃度ビタミンC点滴が様々な状況で受けられない患者様の場合は、通常1~3包(ビタミンC1~3g)を服用しつつ、週1回は10包(ビタミンC10g)を服用し、高い薬理学的効果を狙うという服用の仕方もできます。リポCは純日本発の安心のサプリメントです。

様々な疾患に関わる活性酸素をビタミンCは消去し酸化を防ぎますが、ほとんどの動物とは違い、人はブドウ糖からビタミンCを自ら作り出すのことが出来ません。健康維持のためにビタミンCを日々充足させ、疾患の治療にあたっては取り込むビタミンCの量に配慮すべきであろうという結論は自然と見えてきます。リポCが他のサプリメントと一線を画すのは、治療薬としての視点で捉えることができるという点です。最近では巷の野菜や果物のお値段もさることながら、使われている農薬の問題もあります(調査されるとゾッとする事実があります)。そのような様々な面から摂るべきビタミンCを考えると、「リポC」という選択肢が残るのは自然な結果ではないでしょうか。コンビニで買うペットボトル2本とリポC1包、どちらがよりよい投資になるのでしょうか?ストレスの多いコロナ禍でしょうが、リポCで一掃してください。

 

改定後の料金

30包入1箱 7,500円(税込)  
30包入2箱セット 14,600円(税込) 
30包入3箱セット 21,300円(税込) 
30包入4箱セット 27,600円(税込)