美白美肌・シミ(肝斑・そばかす・ADM)

PTPトーニング

トライビーム美白美肌メニュー

トライビームプレミアムはNd:YAGレーザー/KTPレーザー(1064nm/532nm)を、Qスイッチモード、Quasi Long Pulse(準ロングパルス)モード、Qスイッチフラクショナルモードなど、多彩なモードで照射可能な最新のレーザー機器です。

トライビーム

QスイッチNd:YAGレーザーは、美白や肝斑治療には非常に効果的なレーザーです。
メラニン色素等の特定の色素のみに反応するレーザーですが、極めて短い照射時間(ナノ秒)で深部へ高いエネルギーを与えることができるため、周囲への熱損傷の影響が少なく、皮膚へのダメージを最小限に抑えられます。

治療目的に応じて2種類の波長(532nm、1064nm)が設定できるため、浅い色素沈着(シミ・ソバカス)から深層のもの(茶あざ、青あざ、黒あざ、刺青など)まで、幅広い治療が可能です。

さらにトライビームプレミアムの特徴であるハイパワーで切れ味のよいレーザービームにより、より少ない回数で、効果的に治療できます。また肝斑治療では専用のPTPモードを搭載しており、痛みの少ない施術が可能となっています。
これらの機能を搭載しているトライビームプレミアムは、久留米筑後地区~佐賀 初導入です。

トライビーム説明

こんな方にオススメです

  • 肝斑を改善させたい
  • シミ・くすみを改善させたい
  • トーンアップした白い肌にしたい(ホワイトニング)
  • ハリ・キメなど肌質が気になる
  • 毛穴の開き・小じわが気になる
  • ニキビ跡の赤み、赤ら顔を改善させたい
  • 刺青・アートメイクを除去したい
  • 深在性色素性疾患(真皮メラノサイトーシス・太田母斑など)を治療したい
トライビームができる施術

1. PTPトーニング(痛みの少ない肝斑トーニング)

対象となる症状・効果
肝斑・色素斑・くすみ

従来は肝斑にレーザーは禁忌とされていました。しかしレーザー機器の進歩やそれらを使った臨床研究などから美容医療の専門家の間では有効な施術である事もわかっています。
1064nmのNd:YAGレーザーを、均一照射のトップハット型モードを使って、低出力で一定の期間照射することで、肝斑のメラニンを破壊しつつもメラノサイトを刺激せずに、徐々に肝斑を改善させる施術法で「レーザートーニング」と呼ばれています。

トップハット型

この1064nmは真皮のメラニンに反応しつつも表皮のメラニンに過度な反応を起こさない波長のため、肝斑と併存している色素斑やADMを除去しつつ肝斑肌を段々と薄くしていきます。

トライビームグラフ

さらにトライビームプレミアムは、レーザーを2回に分けてほぼ同時に照射するPTPモードを搭載しており、分割照射のため照射時の痛みが少なく、肝斑悪化や白斑のリスクを軽減しています。効果はPTPオフと変わりません。当院ではトーニング以外にもこのPTPモードによる施術を積極的に行っています。
PTPトーニング(6回・10回)は、照射後のビタミンCイオン導入がセットになっています。従来のトーニングと痛みの少ないPTPモードを比べてみてください。

PTPトーニング以降の全顔施術バリエーション
PTPトーニング

2. PTPフェイシャル(PTPモードで行う全顔への美白治療)

対象となる症状・効果
美白・色ムラ・くすみ・肌のトーンアップ・きめ・シミ・そばかす・ADM

QスイッチNd:YAGレーザーを全顔に照射し、表皮から真皮内のメラニンを減少させます。1064nmのレーザーが皮膚深くに光熱作用をもたらし、細胞の再生を促し、コラーゲンを増生させます。
シミ・くすみの改善や、開いた毛穴の改善、ニキビの改善、肌のキメを細かくし、肌の張りを整え、小ジワの改善効果もあります。ホワイトニング(美白治療)のメインとなる施術です。
1064nmはメラニンへの色素反応性が良く、色素斑・そばかす・ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)といった表皮から真皮までの色素性疾患を徐々に改善させる効果もあります。

PTPフェイシャルのコース(6回・10回)は、照射後のビタミンCイオン導入がセットになっています。
PTPモードのオンとオフの違いを比べてみてください。なおPTPモードオフでの照射も行います。

PTPフェイシャル前後写真

PTPフェイシャル(PTP-ON Φ10mm 1.2J/cm²)

3. Genレジュビネーション(ロングパルス照射で行う美肌治療)

対象となる症状・効果
美肌・肌質改善・毛穴・ニキビ・赤ら顔・小じわ・きめ・ハリ・タイトニング・肌の若返り・うぶ毛

トライビームプレミアムには、ロングパルスによるGen Technique™という機能が搭載されています。1064nmNd:YAGレーザーのロングパルスモード照射です。
表皮および真皮を加熱することで、コラーゲンやエラスチンなどを活性化し、肌の新陳代謝を促進させ、肌の若返りを行います。
毛穴が引き締まり、小鼻の黒ずみの改善などの効果もあります。皮脂線や真皮上層の毛細血管もターゲットのため、ニキビや赤ら顔の改善も期待できます。

Genレジュビネーションのコース(6回・10回)は、照射後のビタミンCイオン導入がセットになっています。

4. デュアルフェイシャル(PTPフェイシャル&ジェンレジュビネーション同時施術)

Qスイッチレーザーをお顔全体に穏やかに照射する「PTPフェイシャル」を行い、引き続いてロングパルスレーザーをお顔全体に照射する「Genレジュビネーション」を施行することで、同日に両方の効果を得ることができます。この施術方式を「デュアルフェイシャル」と呼んでいます。ダブル効果でより効果的な治療を行うことができます。

デユアルフェイシャルのコース(6回・10回)は、照射後ビタミンCとトラネキサム酸のダブルイオン導入がセットになっています。

デュアルフェイシャル

オプション

PTPトーニング施術やGenレジュビネーションについては、手の甲や腕などの顔面以外の施術も用意しています。ご相談ください。

5. シミスポット照射(532nmまたは1064nmトップハット型を使ったスポット照射)

対象となる症状・効果
532nm  老人性色素斑・そばかす
1064nm  ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)・PIH(炎症後色素沈着)・真皮が首座のシミ

老人性色素斑やそばかすなどの表在性色素疾患には532nmレーザー、ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)などの真皮の色素斑には波長の長い1064nmレーザーを使い、トップハット型によるスポット照射を行います。
フォトフェイシャルやIPLでは効果の乏しい表皮基底層の色素斑やADMなどの真皮のシミにも効果的です。

状況によっては遮光の必要があり、「かさぶた」などのダウンタイムもありますが、局所的なシミの治療には非常に有効です。
広い範囲に及ぶ多発したシミのためノーダウンタイムの施術を希望される場合は、施術は複数回となりますが、532nmフラクショナルの治療をお勧めいたします。

シミスポット照射前後写真

シミスポット照射(532nm 0.8J/cm² 1pass)

6. ガウシアン照射(ガウシアン型による1064nmハイパワー照射)

対象となる症状・効果
刺青・アートメイク・ホクロ・ADM

現在ではトップハット型照射が主流となっていますが、ガウシアン型照射は中央部を中心に高いエネルギーを照射できる事がその特徴です。
トライビームのハイパワー(従来機の1.5倍)と相性が良く、ハイパワー照射が要求される刺青などの除去には欠かせません。また腕などのホクロ(母斑)などの治療は通常CO2レーザーなどで除去する場合が多いですが、瘢痕などが気になる方には、数回に及びますが、このガウシアン型照射によるホクロ治療もお勧めです。

ガウシアン型

7. リップケア(ロングパルスによるリップ照射)

唇がぷるぷるになる施術です。ロングパルスのNd:YAGレーザーを唇に照射していきます。

8. 1064nmフラクショナル(フラクショナルモードによる1064nm照射)

対象となる症状・効果
広範囲のADMなどの真皮のシミ・テープ保護をしない真皮シミ治療
ハイパワーでのPTPフェイシャル(肝斑のない場合)・ハイパワーでのGenレジュビネーション

トライビームプレミアムは1054nm・532nm2つの波長によるフラクショナル照射が可能です。細かいドット状(5mm四方に81ドット)にレーザーを分割照射するモードです。
1064nm Nd:YAGレーザーのフラクショナルハンドピースによる施術ではQスイッチモードとロングパルスモードどちらも選択可能となっています。
痛みのために通常では照射できないハイパワーでのトーニングやレジュビネーションも可能です。また「かさぶた」へのテープ保護に抵抗のある患者さんには、治療は複数回に及びますが、ノーダウンタイムでの治療が可能です。

9. 532nmフラクショナル(フラクショナルモードによる532nm照射)

対象となる症状・効果
そばかす・広範囲で多発する色素斑・テープ保護をしない表皮のシミ治療
PTPトーニングやPTPフェイシャル開始前の濃いシミのみのスポット治療(肝斑・色素斑)

532nmレーザーのQスイッチのフラクショナル照射です。
そばかすや広範囲にわたる色素斑などへの治療でテープ保護を控えたい場合に有用で、ダウンタイムがほどんどない施術です。
ドット状照射のため複数回に渡る治療が必要ですが、施術後の炎症後色素沈着も少なく、手軽に老斑の治療を受けていただくことができます。
フォトフェイシャルやIPL以上に表皮基底層のメラニンまでしっかり反応しますので、回数を重ねるごとに効果の違いを実感できます。

肝斑治療初回に、非常に濃い司令塔シミのみスポットでフラクショナル治療を加えたり、広範囲の老斑治療においてはじめに表皮メラニンをある程度除去した上でPTPフェイシャルなどの美白治療へ移行するなど1064nm Nd:YAGレーザーとのコンビネーション治療なども有効です。

532nmフラクショナル経過写真

532nmフラクショナル (532nm Fractional, 1.4J/cm²)

施術の流れ
1
診察・カウンセリング
施術前に、担当する医師とのカウンセリングで、気になる部位を伺い、診察いたします。治療内容・施術後の経過などについて、医師が詳しく説明いたします。
2
目を保護
目の保護のため、シールドを装着します。
3
照射
肌質や症状の度合いによってテスト照射を行い最適な設定値を検討します。しみや肝斑などお顔の気になる箇所にレーザーを照射します。照射時間の目安はお顔全体で約5~15分程度です。
個人差がありますが、パチパチとはじかれたような刺激や、熱感があります。数時間で落ち着いてきます。※個人差があります。
刺青やアートメイクの除去治療の場合は麻酔のうえ、照射を行います。
4
終了
治療後すぐにお化粧をしていただけます。ビタミンCイオン導入やヒーライトなどのセットもお勧めです。コースの方にはビタミンCイオン導入を施術後に行います。

■治療後の経過(ダウンタイム)
治療後はほんのり赤みが残ることもありますが、すぐに治まります。照射モードによっては所々小さなかさぶたや内出血が出来ることがありますが、無理に剥がさず自然に取れるのをお待ちください。一時的に色素沈着が起こる可能性があります。

■アフターケア
メイクは当日から可能ですが、赤みがひいてからをおすすめします。
シャワー、洗顔、入浴も当日から可能ですが、レーザーを照射した部分は強くこすらないでください。
保湿と紫外線対策に十分にご配慮下さい。
レーザートーニング(フェイシャル)は、1回で改善する治療ではなく、治療回数を重ねて少しずつ肝斑やシミを薄くしていく治療です。
絆創膏や保護テープなどを貼る必要がありませんので、治療していることを周囲の人に知られたくない方にもおすすめです。

Q&A
  • どのくらいのペースで通うものですか?

    目安としては2週間に1回、早期にお肌の改善をご希望の方は1週間に1回程度治療を行うとより効果的です。肝斑の場合は、1~2週間に1回、6回もしくは10回を1クールとした施術をお勧めしております。

  • 痛みはありますか?麻酔は必要ですか?

    痛みはほとんどありません。レーザー照射時の痛みはほとんど無く、パチパチとはじかれる軽度の刺激がある程度です。人によっては多少熱感を感じる方がいらっしゃいます。ほとんどの治療は麻酔の必要がありません。

  • 副作用、ダウンタイムはありますか?

    個人差はありますが、照射後に多少の赤みがでることがあります。ただ、もし赤みがでた場合も殆どの方が数日中に消失します。

  • レーザーは肝斑を悪化させると聞いたのですが?

    誤った波長やパルス幅のレーザーやIPLを用いた場合、確かにその可能性がありますが、レーザートーニングの場合はそれらによる治療とは異なり、肝斑を改善します。皮膚への負担を最小限に抑え、メラニンのみに反応するため、適切な治療を行う限り肝斑を悪化させることは殆どありません。特にトライビームプレミアムはPTPモードを搭載しているため、従来より副作用の発生を抑えた治療が可能となっています。

  • レーザートーニングで肝斑は濃くなりませんか?完治しますか?

    最初の2回までは若干濃くなることもありますが、3回目から薄くなってくるのを実感出来るかと思います。薄くなった後にまた濃くなってしまうことがあります。真皮上層の毛細血管治療も兼ねた真皮の再構築が肝斑治療でも重要なため、お肌のメンテナンスにはGenモード(ロングパルス)によるレジュビネーションを適宜行うことも有効です。効果を長持ちさせるためには美白剤の外用と紫外線対策、定期的な内服をお勧めします。

  • フォトフェイシャルとは何が違うのですか?

    QスイッチNd:YAGレーザーを使用した治療となりますので、IPL光治療器を使用したフォトフェイシャルとは波長もパルス幅も異なります。フォトフェイシャルでは反応しなかったシミにも効果を発揮します。一般にフォトフェイシャルは数回で治療効果が頭打ちになりやすく、パワーを上げることで副作用が出現しやすくなります。最終的なお肌の治療やメンテナンスはレーザー治療が優れると考えられます。

禁忌
  • 光感受性が強い場合および、光感受性を増強させる薬剤を服用している方
  • 皮膚悪性腫瘍、前癌病変、またはその疑いがある方
  • ケロイドを有する部位、及びケロイド体質の方
  • HIV陽性の方
  • 自己免疫不全症の方
  • 出血性疾患を発症している方
  • 抗血液凝固剤を服用している方
  • リウマチ既往歴、金製剤を服用している方
  • 肌色、白色の刺青を入れている部位
  • 太田母斑の肌に刺青を行っている部位