ニキビ・ほくろ

CO2フラクショナルレーザー

CO2フラクショナルレーザー

このような症状におすすめの治療です。

  1. お肌を若返らせたい
  2. ニキビ跡を治したい
  3. シミやくすみをなんとかしたい
  4. 毛穴の開きが気になる
  5. 小じわが気になる
  6. 昔の傷跡が目立つ
CO2レーザー兼フラクショナルレーザー

フラクショナルCO2レーザーは、皮膚表面に均一に無数のドット状スポットを作り、美肌のための細胞再生を促します。
当院で導入しているFIRE-XELは、直径0.1mmという極小の穴をお肌の表面に開けることが可能です。
この直径が小さいほど皮膚深層まで到達が可能となるため、照射後に塗布する成長因子もより深層まで浸透します。
さらに修正が困難な傷跡(瘢痕)の治療も応用可能です。この機器を目頭切開の傷跡などに使用されている美容外科医もおられます。
その他0.3mmや0.6mmなどの径も肌の入れ替えなど目的に応じて選択できます。

※0.1mmから0.6mmまで直径選択ができます

100µm 深いシワ、傷跡の治療

通常のフラクショナルは極小の0.1mmを使用します。細くてより深部に穴をあけます。
また穴が開いてない部分のお肌は傷付かないため、直径が小さいほどダウンタイムが少なくなります。

300µm 毛穴拡張、肌の質感、全体的な肌トーンの明るさ治療

その他目的に応じて直径を0.3mmや0.6mmと選択でき、また照射エネルギーを調整します。直径が大きめの照射ではより表層の治療となります。

600µm 肌トーンの明るさ、引き締めの治療

皮膚断面図
皮膚断面図

「お肌のターンオーバー」は皮膚の細胞が約28日間で入れ替わるものですが、これが年齢や紫外線、ストレスなどで延びてしまいます。
すると、お肌に古い細胞が残ってしまい、それがシミ、くすみ、小じわなどの原因になってしまいます。
角質層を剥がすことで、肌の再生を促すケミカルピーリングですが、日本人の肌には強く剥がす施術はダメージが大きく適切ではありません。
またフォトフェイシャルなどの光療法は安全ですが、効果も低めです。

フラクショナルCO2レーザーでは、開けた穴の周囲で、その穴を修復しようとして、細胞分裂が活発になり、古い細胞は押し出され、新たなタンパク生成が起こります。
一度の施術で約10~15%の細胞が生まれ変わると言われており、繰り返すことで、キメ細やかな肌に変わっていきます。

活性化される正常領域をオーバーラップさせることで肌全体を改善させる。

施術の流れ

1
洗顔・クレンジング 先にメイクや汚れ、皮脂をしっかりと落としていただきます。
2
診察・カウンセリング お悩みの症状の改善にCO2 フラクショナルレーザーが適しているか、どのような効果が期待できるか、またどのようなリスクがあるかなどの説明をします。
3
麻酔・痛みの緩和 痛みを最小限で施術できるように、麻酔クリームを塗ります。
麻酔クリームを拭き取った後、パウダールームで洗顔していただきます。
4
照射 肌質や症状にあわせ出力を調整して照射します。
照射時間は5~10分程度です。
5
クーリング 術後のほてりを抑え、ダウンタイムを軽減するためのクーリングを行います。
6
軟膏の塗布 専用の軟膏を塗布し終了となります。

施術時間は20分程度ですが、施術前の麻酔や施術の冷却なども含めると1時間程度となります。
施術部位のヒリヒリした感覚は1日、赤みは1~3日ほどで改善します。
皮膚に極小のかさぶたができるためザラザラした感じになりますが、4日~1週間程度で落ち着きます。
内出血はありませんが、かさぶたの状態が点状にそう見えることがあります。
メイク・洗顔・洗髪・入浴(シャワー)とも翌日より可能です。治療期間中は日焼け止めクリームをお使いください。
施術は1か月の間隔をあけて、4~5回をお勧めしています。
毛穴の開きやニキビ跡場合には特に回数を重ねる事をおすすめします。

施術例(前)
ニキビ跡に0.1mm径で1回施術
施術例(後)
施術後1カ月
施術例(前)
施術前
施術例(後)
3回目の施術後

CO2レーザー

CO2レーザー

当院のCO2レーザーは、フラクショナル機能も兼ね備えていますが、CO2レーザー単独の使用においても、連続波、スーパーパルス波、ウルトラパルス波の3つのモードが選択可能なため、ホクロ・イボ・シミなどそれぞれの疾患に応じて、モードを使い分けることで、熱傷の影響をできるだけ少なくし、病変を除去することが可能です。

ホクロは、メラニン色素を産生する細胞が増殖したもので、一種の良性腫瘍です。黒子、色素性母斑、母斑細胞性母斑等と称されます。
ホクロは生まれつきのものもありますが、幼少期から徐々に大きくなったり、成人以降にも発生したりします。但し、腫瘍であるがゆえに、まれに悪性のものもあります。悪性が疑われる場合は、切除して病理検査を行います(保険適応)。

それ以外のホクロは、主にレーザー治療で取り除きます。
レーザーによるホクロ治療は、現在美容医療で主流の方法です。
長期的な再発などのリスクはありますので良性の診断を受けたものに限られますが、最も綺麗に仕上がります。但し大きさや深さなど様々な条件によっては適しない場合もあります。
CO2レーザーは水によく吸収される性質があるため、ホクロ内部に入り込んで組織を分解します。
凹まないような深さまで削った後に、必要な場合のみ、残ったホクロのメラニン色素に反応するレーザー(Qスイッチルビーレーザー)治療を追加照射します。
CO2レーザーのみで深い層まで無理に治療をすると、傷跡が残ってしまいますので、このようなコンビネーション治療を行うこともあります。

治療の流れ

1
ホクロの部分だけに極細の針で局所麻酔の注射を行います。ほんの数秒程度の我慢です。
2

ホクロの一部は皮膚に中(真皮)に隠れていますので、CO2レーザーで瘢痕ができにくい層まで削っていきます。

皮膚図(治療前)
皮膚図(施術後)
3

この段階で、必要な場合のみ別のレーザー照射を追加する場合があります。
治療後はくぼんだ形になります。塗り薬を塗っていただき、湿潤療法のハイドロコロイド貼付剤も貼っていただきます。翌日から洗顔は可能です。

皮膚図(治療後)
4

1~2週間で上皮化しますが、赤みがあります。
赤みは化粧で隠せる程度です。ニキビ跡のような感じです。

皮膚図(治療後1~2週)
5

通常、1~6か月(個人差があります)で赤みは収まりきれいになります。

レーザー照射後は紫外線を避けてください。気になって触るなどの刺激も避けてください。
また1回の施術では不十分な場合があり、複数回の治療が必要となる場合もあります。
CO2レーザーの治療の適応には、ホクロ(母斑)以外に、イボ(疣贅・アクロコルドン)やシミ(脂漏性角化症)などがあります。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリング

サリチル酸マクロゴールピーリングは、従来のピーリング剤と比べ、ピーリングによる痛みや赤みが少なく、それでいて角質除去効果は顕著に優れ、コラーゲンの造成はTCA(トリクロールアシド)ピーリングにも匹敵すると言われています。
TCAは日本人には強く過ぎるようで、色素沈着などの副作用が課題です。一方グリコール酸では物足りなさが残る治療となりがちです。

ちょうどこれらの中間の強さにあたるものがサリチル酸マクロゴールピーリングです。
サリチル酸がしっかりとPH1.7に調整されているため、皮膚の角質層のみをしっかりと剥離する一方で、マクロゴールと組み合わせにより血液中への吸収もなく、全身的にも副作用の心配がなく安全です。

皮膚の角質は古くなるとはがれて新しいものに置き換わり、これを肌の新陳代謝(ターンオーバー)といい、健康な肌ではおよそ28日周期です。
いろいろな原因でこの周期が乱れると、はがれおちるはずの古い角質が残存し厚い層となって毛穴をふさぎニキビの原因となります。
ピーリングはこの古い角質を肌にやさしい酸で溶かして無理なく剥離し、肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促進します。
ニキビの治療やすべすべの肌を取りもどすのには最適な治療といえます。

このような方におすすめです。

  1. 1. ニキビ・脂性肌

    とくに大人のニキビに効果的です。30%サリチル酸マクロゴールピーリングは毛穴の閉塞を除去し、毛穴にたまった角質や皮脂が取り除かれるため、新しいニキビが出来にくい肌質(ニキビ防止効果)になります。テカテカした脂性の厚い肌が、サラッと柔らかな薄い皮膚になります。
    ピーリングを重ねる度にその効果が明らかになります。皮脂の分泌を抑えとニキビ菌殺菌作用により、ニキビを防止します。

  2. 2. 肌のくすみ・しみ・ニキビ痕の色素沈着

    30%サリチル酸マクロゴールピーリングは皮膚の新陳代謝を活発にし、規則正しい角層が新たに誕生するため、皮膚のキメが改善します。
    繰り返し行うことで、蓄積されたメラニンを排出し、ニキビ跡の色素沈着やくすみ・しみを薄くする美白効果があります。

  3. 3. キメ・ハリ、小じわ

    真皮のコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどを増やす効果があるので、小じわやたるみが改善し肌が若返ります。

  4. 4. 毛穴の開き

    角質や皮脂を取り除き引き、開いた毛穴を締めます。また、皮膚のキメが整うため、毛穴が目立ちにくくなります。

他のピーリングとは全くちがい、施術中のピリピリ感も、施術後の腫れや赤みもほとんど出ません。
ほとんどのスタッフが実際に施術を受け実証しておりますので、ご安心ください。
背中や胸のニキビにも有効です。アトピー体質で敏感肌の方も安心して受けられます。
グリコール酸や乳酸のピーリングに比べ効果が高いので1か月1回程度のゆっくりしたペースでの治療が可能です。

治療期間・回数

1回の治療でもお化粧ののりや手触り等の実感は期待できます。
症状や肌質により改善までの回数には個人差がありますが、3~4週ごとに5回前後繰り返していただくのが効果的です。
ニキビをしっかり治療するには2~3週のペースで5回前後の治療をお勧めします。

治療について

パウダールームで、メイクを落としていただいた後で施術に入ります。(メイク落としとクレンザーは当院に準備しています)
サリチル酸マクロゴールを額から順次、お顔全体に塗布していきます。
ニキビの部分やざらざらした部分は数回重ね塗りします。5分程度時間を置きます。(時間を延長しても効果に変わりはないと言われています)
サリチル酸マクロゴールを丁寧に拭き取りした後冷却。その後、流水で洗顔していただきます。
施術直後より皮膚は滑らかになりその効果は約1か月持続します。治療後は痛みや肌のダメージもほとんどございません。
当日(施術後12時間)はお化粧を控えていただきます。また日焼け止めを使う等、紫外線対策をする必要があります。

注意点

イボ・ヘルペスなどのウィルス性疾患が施術場所にある方、アスピリンアレルギーの方は施術を受けられない可能性があります。