目元の若返り

眉下リフト(眉下切開法)

眉下リフト(眉下切開法)

眉下切開法(眉下リフト)は、目元の自然な印象は変えずに、上まぶたのたるみを改善する施術です。
二重ライン上の皮膚の厚みを軽減することができるため、加齢とともに二重ラインが狭くなってきた方や、20~30代の方でも、上まぶたの腫れぼったさが気になっている方には特に適した方法です。
手術では、眉下のラインに沿って切開するため、傷跡が眉毛に隠れて目立ちにくいことが特長です。

このような症状におすすめの治療です。

  1. 加齢によるまぶたのタルミ(下垂)
  2. 上まぶたが厚く、腫れぼったい方
  3. 本来の二重のラインがタルミで見えなくなってしまった方
  4. 一重や奥二重のままタルミだけを改善されたい方

目の上がたるむと、腫れぼったくなり、とても老けた印象を与えてしまいます。

肩こりや頭痛の原因にもなるまぶたのたるみ

まぶたがたるむと、皮膚が目に被さり視界が狭くなったり、眼瞼挙筋(まずたを持ち上げる筋肉)がつながっている腱膜と瞼板の癒合部分が緩むことで、まぶたを持ち上げる力が弱まるなど、まぶたが開きにくくなります。
その結果、眼瞼挙筋に付随しているミュラー筋がより強く収縮しようとするため交感神経が高まり、体を支える起立筋が緊張し肩こりが生じたり、眉毛を持ち上げる前頭筋が収縮し、額の横じわが刻まれる険しい表情となり、目の疲れや頭痛がでたりすることがあります。
※保険適応の場合もあります

まぶたのたるみが起こる原因

まぶたのたるみが起こる原因には、加齢によるもの、まぶたをこすることなどで挙筋腱膜がまぶたから剥がれてしまった場合などがあります。

特に、下記の方に多くみられます。

  • コンタクトレンズを長時間使用している人(特にハードコンタクトレンズ)
  • パソコンなどで長時間、目を酷使する人
  • 逆さまつ毛のある人
  • 花粉症やアトピーなどのアレルギーがあり、目をよくこする人
  • 白内障の手術を経験した人

施術について

  • 上眼瞼リフトは、眉毛の下で余分な皮膚を切除して縫合する手術であるため、眉毛の下のラインに傷跡が残ります。
  • 正しいデザインで正しい手術を行い、丁寧に傷を縫合した場合、傷跡はかなり綺麗な1本の線になります。
  • そのため、眉毛が比較的濃く、外側まで生えている人に行った場合は、傷跡はほとんどわからなくなります。
  • 眉のアートメイクをしている人は、アートメイクの下縁に沿って切開するため、傷跡はほとんどわからなくなります。
  • 元々二重まぶたの人に眉下リフトを行うと、二重のラインの上に被さる皮膚が持ち上がることにより、二重の幅が少し広がることが多いです。その場合、特に外側(目尻側)の二重の幅が広がりやすいです。
切除部分
切除後
切除の注意
眉毛が薄く、外側まで生えていない人に上眼瞼リフトを行うと、眉毛のない外側の傷跡が露になり目立ってしまうため、お勧めしないこともあります。

施術の流れ

1マーキング
眉墨(アイブロウペンシル)で理想の眉ラインを少し外側まで長めに描いていただき)、お座りいただいた状態で、たるみの状態や左右の高さ、バランスを確認します。

2麻酔
上まぶた切開部分に局所麻酔を行います。
3手術
余剰皮膚を皮下脂肪とともに眼輪筋上で切除します。
皮下の剥離をほとんど行わないため、術後の回復が早く、腫れも少なくて済みます。
最後に皮膚を縫合して終了です。
4ダウンタイム
洗顔とシャワーは、手術翌日から可能です。抜糸まで長時間の入浴や激しい運動は避けてください。
ご自宅では可能な限り患部を冷やしてください。上まぶたが腫れぼったくなりますが、1~2週間で治まっていきます。6~7日目に抜糸を行います。

個人差がありますが、縫合部分の赤みや内出血がまだ少し目立ちますが、縫合線に沿って眉ラインを描くことも可能ですので、メイクでカバーすることができます。
1ヶ月後は傷跡が目立たなくなってきます。 個人差がありますが、赤みが強い方でも3ヶ月程度で目立たなくなります。

埋没二重

埋没二重

埋没法は広く行われており、美容外科手術の定番です。
まぶたの状況は各人で異なっており、希望する二重ラインも千差万別です。希望の二重ラインにマーキングし、まぶたの中を細い医療用の糸で留めます。

二重まぶたは、ラインが目頭から目尻にむかうにつれて徐々に広がっている「末広形」と、ラインが目頭から少し離れている「平行形」に分けられます。
日本人などの東洋人の場合、二重の形は末広形が自然です。東洋人では蒙古ひだという皮膚が、目頭にかかっている事が多く、無理に平行型にした場合、目頭部分の引き連れが生じたりしやすく、戻る可能性も高くなります。
最近では、パッチリとした二重まぶたが日本人の間でも人気があり、以上を納得していただいた上で施術するようにしています。

末広型

末広型

平行型

平行型

目を開ける筋肉(挙筋)は、瞼板(けんばん)という固い組織ついていますが、この筋肉が枝分かれして、上瞼の皮膚にもついている人が、瞼板と上瞼皮膚の二カ所で引き上げられるために二重まぶたになります。
一重まぶたの人は、枝分かれがないため、瞼板の一カ所で引き上げられるので一重になります。
奥二重など、まぶたの状況は各人で異なっています。
希望される二重ラインもさまざまですので、まずは診察室にて鏡を見てもらいながら、希望の二重ラインにマーキングをし、瞼の表と裏どちらも細い針で麻酔をした後で、細い医療用の糸を使って留めます。

埋没法は切開法に比べて、まぶたの皮膚に傷が残らない、術後の腫れが少ない、元に戻せる、やり直しが簡単などの長所があります。
手術直後は針の穴の傷はありますが、1週間もすれば皮膚表面には切り傷として残りませんので、後で別のラインに二重を作り直しても不都合は生じません。
手術後2~3ケ月であれば、埋没した糸を取ればまず確実に元に戻せますし、1~2年経過していてもかなりの確率で元に戻せます(別途治療費がかかります)。
埋没法にはこのような長所だけではなく、欠点もあります。

その第1は、元に戻る可能性です。
大多数の方は、完全に元に戻るのではなく、その途中の過程のどこかで落ち着きます。結果二重のラインが浅くなったり狭くなったりします。特に瞼が重く腫れぼったい方の場合が戻りやすい傾向にあります。

2番目は、埋没糸という異物ですので、皮下の直下にある糸の結び目が目を閉じてた時に透けて見えることがあったり、瞼の裏側の糸が原因で結膜に炎症を起こしたりすることがあることです。
当院では、このような合併症ができるだけ生じないように、「瞼板固定法」ではなく、「瞼板上端固定法」という方法で固定を行います。
瞼板の真裏に糸が貫通しないため眼球を傷つけたり結膜に炎症を起こしたりする可能性がより低いと考えられます。
また糸が表面に透けて見えないように、糸の刺入部に小さな切開を加え深く糸を埋入させる工夫をしています。
使う糸の本数は、1本から数本までさまざまですが、まぶたのような小さな組織に、たとえ細い医療用糸とはいえ異物には違いなく、やはり少なければ少ないほどよいと考えられます。
一般には片方につき1本から2本の糸を使用します。

瞼板上端固定法

瞼板上端固定法

瞼板固定法

瞼板固定法
瞼板を直接貫く方法